気ままに勉強 ANU留学記

雑記と勉強メモと

大学の授業・履修登録編

ネットを通じての履修登録の面倒な事、不安な事。

 

ANUでは入った学部によって必修と選択がある。日本の大学と同じであるはずだ。

基本的には二学期制で、一学期に通常4つの科目を履修する。それ以上も以下も駄目。

 

履修登録はISISというシステムを通じてやる。これは簡単。

一学期目に履修するのか二学期目に履修するのかを選択して、取りたい学部のClass numberなるものを、Enrolmentというページで入力する。確定ボタンを二回ぐらい押して終わり。

*ちなみに間違って違う授業を選択してしまっても、Swapというボタンで後々変更できる。焦らない焦らない。

 

続いて、Wattleというシステムにアクセス。だいたい授業開始の二週間前ぐらいから、履修登録した授業の名前がずらっと並ぶ。クリックすると、授業の概要、予習の必要な範囲、読んでおかなければならない文献、買わなければならないテキストなどが……出てきたり出てこなかったり。

また、チュートリアルなるものの予約が必要である事が判明したり。

チュートリアルとは、授業後、約20人以下の少人数で、学習した内容についてディスカッションやプレゼンをする場である。

これも行きたい時間帯を選んでクリックすれば良いだけであるのだが、ここで私はパニックになった。

まず、このWattle、いつ更新されるか全然わからなかった。

私が気付いたのは昨晩10日だったが、どうやら9日には授業内容やチュートリアルの申し込み欄がアップロードされていたらしい(それ以前はまるきり白紙だった)。

10日の夜にはいくつかのチュートリアルがすでに満室。

 

やばいぞ早く申し込まねばと焦る私をパニックに突き落とした要素がもう一つ。

 

選択科目決めてない。

から、日程が最終的にどうなるかわからない。どの日付に申し込めばいいかわからない。

 

オリエンテーションウィーク(13日〜17日)初日に相談すればまあ間に合うだろ〜とかいう考えは瞬時に吹っ飛んだ。大慌てでMajor(専攻)を探す。

*基本的に、一つのMajorを取るには、特定の授業の中から8科目(48単位)を選んで取る必要がある。私のプログラムは三年間で選択科目が8。そのため、基本的にはプログラムの要求(特定の授業の履修)をこなしつつ、好きな専攻を取るための授業も選んで受けていくといった感じだ。

 

取りたいMajorは絞れなかったが、候補に挙がっている専攻の中で共通して取らなければならない、かつ無難な内容の授業をどうにか見つけ、それをSemester 1の履修科目にぶちこんだ。

 

そんなこんなで取る授業が全て決まり、各科目との折り合いを考えつつ、行きたいチュートリアルを選択し、無事にタイムテーブルを完成させる事ができた。

 

尚、授業とチュートリアルの日程を出してくれるこのタイムテーブル、大学の学生用サイトで作る事ができるが、これがまた果てしなく使いづらいので、大学有志によって作られたツールを使って作るのが基本だ。

"ANU timetable builder"とググって5番目ぐらいに出てくるやつである。これ作った人に謝礼送りたい。

 

 

 

 

 

明くる朝、私は仲良くなったとある留学生に「私昨日めっちゃ焦ったんだけど、そっち大丈夫なの」と聞いた。

すると彼は決めなければならない選択科目をまだ2つ残していたらしく、私以上にパニックになっていた。専攻を決めようにも、授業を選ぶルール上の点でわからない事が多かった為(二人共わからない事だったので、私にも新たな問題が勃発したというわけだが)14日のセッションでカウンセラーと相談して決める事にしていた。

彼の取らなければならないチュートリアル、およびラボは定員が多く、選択肢もたくさんあるので、どうにかなるとは思うのだが。

 

ひとまず、これでまた一つ大学を呪う理由ができたのであった……まる

 

まとめ

大学は親切に「これやった?」「Wattle更新されてるから見なきゃダメだゾ☆」などと丁寧に教えてはくれない。完ッ全に自己責任である。しかも授業によって予習準備などの情報をリリースする日付がまるで違う

一応オリエンテーションウィークという名の救済措置(多分)はあるが、事前に最低丸三日は使って、自分のプログラムの仕組みをよく理解しておくべきである。

 

蛇足

ちなみに私は哲学の授業における事前読書の範囲が予想以上に膨大である事に驚き、今日一日、文献とwikipediaを読み漁ってヒーヒー言っていた。外で遊びまくっている人たちの気が知れない。

今(22時57分)も音楽鳴らして踊り狂っている学生たちの音が聴こえるが、大丈夫なのだろうかあの人たちは。

 

取り敢えず顔を知っている留学生には、それとなく注意して回ろうと思う。

ここでの生活は助け合いが基本なのである。

ネイティブは自分らで頑張れ