気ままに勉強 ANU留学記

雑記と勉強メモと

大学の生活・スケジュール編

全生徒に関係あるスケジュールもろもろ。テストとかテストとか。

*Undergraduate(学部生)について述べる。Postgraduate(院生)は知らぬ。

 

基本的にはUniversity calendar - ANUを参照。

けど何ともまあ文字ばっかで見辛いカレンダーなので、簡単にテストと休みの時期をまとめる。

 

テスト

テストは大体、1学期に中間ファイナルが1回ずつ。

 

時期

まちまち。

大体中間は3月末から4月半ばにかけて。かなりばらばら。

ファイナルは6月初めから半ばにかけて。

 

形式

座って試験管に見張られながら一斉にはいどーぞっていうクラシカルなテストをするところもあれば、

各々自宅や図書館で書いてオンライン提出するエッセイが中間扱いになったりもする。

言語系だと口頭試験が多い。

そんなわけで試験方法もまちまち。

 

休み

至ってシンプル。種類は二種類。

その1 学期の区切り

学期間に休みがある。

ANUは1st semester (2月~6月)2nd semester(7月~11月)に分かれるわけだが、

この間にあたる6月と7月の間に一ヶ月前後の休みが挟まる。

日本じゃ夏休みの時期だが、こっちは冬休み。

長さはテストがいつ終わるかによって変わる。

6月上旬にさっさとテストが終わる人もいれば、中旬までかかる人もいる。

 

2nd semester(7月~11月)と、翌年の1st semester (2月~6月)の間にある休みは長い。

11月と6月の間オーストラリアの夏休み。すなわち日本の冬休み。

年度間の休みなので実質は春休みか。ややこしいな。

何にせよ、個人的には確実に正月は帰れるというのが有難い話だ。

休みといえば夏休みをイメージするが、重要度的には冬の方が高い気がする。

 

その2 Teaching Break

学期間の休みとは別に、学期の半ば頃にTeaching Breakというものがある。

1st semesterなら4月半ば頃2nd semesterなら9月半ば頃

二週間ぐらいの休み。

 

大抵はこの前後にMid-term exam、つまり中間試験があるので、うかうか休んでいられない。

あるいは中間扱いのエッセイが休み明けに提出だったり。

 

そんなわけで、学生のためのではなく、先生のためのお休み期間という話だが、このTeaching Breakの前に中間テストが来る場合、採点に追われる先生的にはあんまり休みじゃ無い。講義はないけどね。

 

ほか

特に重要なイベントは無い。全校挙げての文化祭とかも無い。(多分)

ちょくちょくサークルが屋台出してるぐらい。

あとはもう各々の属しているコミュニティに依る。

個人主義ここに極まれり。

 

そんなわけで、何のイベントにも参加することなく一年を終える事が非常に容易。

それも全然構わないと思うけど、嫌だったらサークルに入るっきゃない。

怪しいサークルとかは特に無いはず。かなりマジな活動してるとこが多い印象。

パブに行って気を緩めたり、パーティで飲みすぎたりすると、酷い目に遭うらしいけどね。