気ままに勉強 ANU留学記

雑記と勉強メモと

寮の生活・独断と偏見にまみれた各寮についての所見

Bruceに一年住んだundergradによる独断と偏見まみれのコメント。あまり当てにはならない。

ちゃんとした情報については

http://www.anu.edu.au/study/accommodation/student-residences

を見てね。

 

Bruce Hall

古き良きレンガ造りの寮だったが、現在取り壊し&建て直し中。2019年の完成までは、皆SA5と呼ばれる仮設の寮に住む。

SA5は黒光りするモダンな建物。通称「ビジホ」。

基本的にはCatered、すなわち食事付き。そのため寮費が高い。

新しくて綺麗だが、寮費が高い。部屋はファンと冷蔵庫つきで比較的快適。なぜか洗濯機が有料(3ドル)そして寮費が高い。

食堂のコップがよく盗まれる。

 

Barton & Garran Hall

Bruce Hallのお隣さん。通称B&G。割と人気どころ。

南半球最大のキッチンがあるとかいう凄いんだか何だかよくわからん謳い文句つき。見た目のインパクトはそんなでもない。自炊。

洗濯は無料だが部屋に冷蔵庫はない。でも食材は共有キッチンの冷蔵庫に突っ込めるから関係ないね。

油断してると食器や食材がよく盗まれる。ちゃんと冷蔵庫や戸棚(鍵付き)に入れましょう。

Bruceとは何かと縁があり、仲が悪いようで良く、良いようでやはり悪い。

よく寮のシンボルがダサいとからかわれる。

 

Ursla Hall

Bruce Hallのお向かいさん。なんかおとなしい感じがする寮。

そこそこ古く、見た目もそこそこくすんでいる。ご近所付き合いがあったかい。

食事付きだが、申請次第で自炊も可?洗濯は無料だが部屋に冷蔵庫はない。むしろ洗濯が有料なBruceがおかしいという風潮。

冷暖房施設が古いので、夏が暑くて冬が寒い。

やはりキッチンから物がなくなる。

インド人の友人は鍋いっぱいのカレー(一週間分)を盗まれていた。

 

WarranbulKinloch 

Bruce, Ursula, B&Gなどとはキャンパスを挟んで反対側にあるロッジ。なにかとひとまとめにしたくなる。自炊。

アジア人が多い。むしろ中国人しかいない。5、6人単位でキッチンやリビングをシェアしたりする。1人や2人のオプションもあり。

City Centreに近く、何かと便利。

Kinloch Lodgeの下にあるドミノピザCha Time(タピオカジュース店)、およびアジアングローサリーにはよくお世話になる。

ただし日本人がアジアングローサリーに行くと、十中八九レジで中国語を話される。中国語わからないアルヨ

 

Lena Karmel

Warranbul/ Kinloch群と大体似たような感じだが、位置が微妙にずれている。道挟んで反対側の建物の裏みたいな。City Centreから微妙に遠ざかる。微妙に。だが特に変わりはない。

屋上の菜園がおしゃれ。自炊。

 

Davey Lodge

Warranbul/ Kinlochのご近所さん。やはり自炊。

デイビーに通っている人間を見た事がないので全く未知の領域。

見た目が妙にうらぶれている。

追記・Davey生にあった。綺麗でいいとこらしいぞ。

 

Fenner Hall

「遠い」の一言に尽きる。

バスがあるので通学に然程苦労はしない。だが遠い。

「ヘイ君どこに住んでるの?」

「フェナーだよ」

「ふーん遠いね」

そのぶん独自のコミュニティが発達している印象。あくまで印象である。自炊。

 

 

John XXIII College

Ursulaの裏にあるのでBruceからも然程遠くはない筈だが、最近まで全くその存在を知らなかったカレッジ。食事付き。デザートがうまいらしい。

Bruceの寮生になぜか若干バカにされている。

 

Burgmann College

John XXIIIのお隣さん。Bruce, Ursulaなどの寮が集まっている地域の端っこ。ここに住んでいる人間を見た事がない。認識としてはツチノコ。他の寮と比べて規模が小さい為と思われる。食事付き。

院生用の建物(自炊)もある。

 

Toad Hall

院生向けの寮。そのぶんどこか落ち着いている。自分はUndergraduateなので寮とも寮生ともあまり関わりがないが、一度聞いた話曰く「夜の九時には静まり返っている」。おじいちゃんかな?

自炊。

 

Graduate House

読んで字のごとく院生向けである。詳しい事は不明。

 

〜ひじょうにざっくりした位置関係〜

f:id:kimamanibenkyou:20171013231635j:plain